朧月夜が浮かぶ海と幻

「アイスコーヒー」を好きという人もいれば、嫌いという人もいると思う。無関心な人だって。あなたが思う「危険」はどんな感じ?

ホーム

勢いで走る彼女と気の抜けたコーラ

向かいのご主人がここ最近朝から釣りに出向いたらしいが、長時間やっても何匹かしか釣れなかったらしい。
雑魚がそこらじゅういて、フカセ釣りがやりにくかったらしい。
ですがイノコの40cm近くがあげれたらしいから、いいなと思う。
昨年、もらって新鮮なうちに口にしたがとても美味だった。
そんなのがいいのがあがったと知ったら興奮して早く行きたくなるが、今すぐというわけにはいかないので今度だ。

雨が降る仏滅の明け方は外へ
いつも行くマーケットで食料品を探していた。
冷凍食品コーナーで、ブルーベリーを選んでいた。
いろいろ探していたら、韓国文字で書かれた冷凍食品を発見した。
良く見ると、韓国で良く見かけるトッポギだった。
先月ミョンドンへ旅行した時に、幾度となく韓国を旅している友人にリスペクトされたトッポギ。
日本でも冷凍食品として、韓国のトッポギが発売されてるなんて、感動ものだった。

暑い平日の早朝は散歩を

プレゼントに親友から貰った香水ボトル、強いフローラルの匂いである。
ぴったりのボトルをイメージして選んでくれたもので、ちっちゃい瓶でリボンの飾りがついていてお洒落。
匂いの雰囲気も瓶も大げさに言っても派手とは言い難い香水だ。
香水店には多くの香水が置いてあったけれど、ひっそりと置いてあったもの。
サイズはとにかく小さい。
上品で気に入っている。
外出するときだけでなく、外へ仕事に出るときもカバンの中に、家で仕事をするときは机に置いている。
だから、カバンの中はどれも同じ匂い。
だいたい身に着けているため、そうでないとき「今日あの香りしないね」と言われる場合もたまに。
香水ショップで色々な匂いをつけるのは好きだけど、この匂いが今までの中で最高に気に入ったものだ。

どんよりした木曜の夜明けはビールを
知佳子はAさんが大好きらしい。
Aさんも知佳子を大切にしている。
Aさんが出張の時は、知佳子も連れて行ってもらっているし、前回は私も一晩だけ一緒に行った。
Aさんも知佳子も私の事を同じ呼び方で呼ぶし、何か意見を求める時は、まず私に求めてくれる。
どうしたものか気にかけてくれている気がしてきて、非常に雰囲気がよかった。

のめり込んで歌う妹と飛行機雲

ここ最近、番組で、マクドナルドのチキンナゲットの食感を再現するレシピといって流していた。
非常に似ていると考えて、家内に作ってもらいましたが、マクドのナゲットの食感ではないけれどうまかったです。
味わってみたら衣がほんの少し違ったけれど、中身は、チキンといえばチキンなので、自分くらいの味覚ぐらいではほんの少しの差は何とも思わずすごくおいしかったです。

のめり込んで叫ぶ家族と電子レンジ
随分前、短大の卒業旅行で、同級生と3人で船に乗って釜山に観光に行った。
行ったことのない日本以外の国で、ホテルに1泊2日の滞在だった。
街中をいっぱい見学して、楽しんでいたけれど、しだいに道に迷ってしまった。
日本語はもちろん理解されないし、英語も全く通じなかった。
パニックになっていると、韓国のサラリーマンがレベルの高い日本語でメインの場所を話してくれた。
学生時代に日本に来て日本語の習得をしたらしい。
そのおかげで、安全に、順調な海外の旅を続けることができた。
帰る日、電車で道を案内してくれたその人にまたばったり会った。
「またおいで」と言ってくれたので、嬉しくて韓国が好きになった。
いつも有給は韓国観光が計画されている。

怒ってお喋りする母さんと擦り切れたミサンガ

私は仕事の関係で、日光へ行くことが非常にたくさんあった。
北関東地方にある日光は栃木県にあって、内陸県で、背の高い山々に囲まれている。
もちろん、冬が来ると雪が多く、除雪車やチェーンは必要である。
紅葉の時期になると、東北自動車道で2泊3日の予定で行って、行って帰って、また2泊3日というスタイルが非常に多く、雑誌などメディアで日光市が登場すると懐かしく思ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い表現がある位なので、一度は見た方が良い場所だ。
ちょっとだけ話をさせてもらうと、ツーリストたちのメインは日光東照宮。
江戸をまとめた家康の眠っている所で、境内の様子に驚くだろう。
それから、奥日光に位置する日光湯元温泉。
硫黄泉で、白く、高温の湯。
この温泉を浴びると冷え症が完治するだろうと思う。
日光東照宮が建てられたときには、日光湯元温泉を目指してかなりの人数の湯治客が集まったと言う。
その様子は想像可能な古い歴史を持つ栃木県日光市。
東照宮の紹介も兼ねて、情報誌に記載されているこちら日光市に、行ってみようと考えている。

天気の良い日曜の深夜にシャワーを
自分の子供とのコミュニケーションをとればとるほど、子は大変好感をもってくれる。
一歳までは、会社の業務が非常にヤバく、会うことがほとんどなかったため、たまたま顔をあわせても近寄ってくれなかった。
父親だけどと哀しい思いだったが、会社の仕事がヤバいからとあきらめずに、毎週、休みの日にお散歩に連れ歩くようにした、抱っこしても、お風呂に入れても普通になった。
今日この頃、朝、車に行く時、自分が行くことが寂しくて泣いてくれるのが嬉しい。

ぽかぽかした祝日の明け方に昔を思い出す

辺ぴなところに住んでいたら、ネットでものが手軽に購入できるようになったのが、とても簡単だ。
それは、大型の本屋が市内に2軒だけしかなくて、本の品ぞろえも悪いから、買いたい本も手に入らないからだ。
本屋で取り寄せるよりはオンラインショップで買う方が簡単だ。
だって、本屋に行くだけで原チャで30分以上かかるからものすごくめんどうだ。
ネットに慣れたら、他のものもオンラインショップで買うようになった。
他のものもネットショップで購入するようになった。
家電は、ネットのほうが絶対に安いし、型番商品は絶対にネットショップ購入だ。
けれど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

目を閉じて踊る妹と俺
仲のいい子と前から会う約束をしていた。
西鉄天神駅の待ち合わせスポットになっている大きめのテレビ画面の前。
携帯を見ると、ちょっと待たせることになるとメールが入った。
テレビ前はみんなの集合スポットなので、人々は次々にどこかへいってしまう。
ipodで曲を聴きながら、その様子をぼーっと見ていた。
それでも退屈なので近所の喫茶店に入り、オレンジジュースを飲んでいた。
その後、友人が遅くなってごめんね!と言いながらやってきた。
お昼どこに行く?と聞くと、パスタがいいかもと言った。
色々まわってみたけれど、どこが良いのか探せなかった。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2015 朧月夜が浮かぶ海と幻 All rights reserved.